• 本間 啓庸

参列修行のすすめ

参列修行の理想


仏教というとても良い教えがあっても、どのようにして実践したらいいかわからない。

仏教書を読んで哲学や思想として蓄えても身になっているとは思えない。

修養として心掛けても何か小さくまとまってしまっているようで不安。

そんな人におすすめいたします。

それが参列修行です。

何だ、儀式に参列すればいいのか。

そうです。ただ参列するだけで良いのです。

日常生活から一時的に脱出し、儀礼に参列することはとても大切なことなのです。

山で修行するわけでもなく。万巻の書を諳んじるわけでもない。

寺の儀礼に参列するのです。

ただし、普段から祈りが凝らされている寺でなければダメです。


注意しなければいかないのは、これまでの祈りは、お寺だのみ、教会だのみ、他者だのみの浅はかな祈りではないかということ。

堂内で参列していてもこれでは身になりません。

これからの参列は、ただただ自己のなかにある仏に耳を研ぎ澄ます、自己の祈りであるのでなくてはなりません。


それならば自分の家でできるじゃないか。

そう思うことでしょう。

違います。

本当に毎日祈りを凝らしている寺で行われる参列修行は違います。

一度、ご参列ください。


玉泉寺では毎朝5時、毎月28日9時、護摩修行を行っています。

自分では浄化しきれない日々の心の垢を、月々の業を、不動明王の御宝前における参列修行が昇華いたします。

無料です。お布施の心配はいりません。勧誘もありません。

求めがあれば法話をいたします。

ひたすら心のお浄めに専念してください。

修行中の出入り自由です。

外からの参拝でも構いません。

どうぞお立ち寄りください。

ご自身の修行として。


0回の閲覧

どんなことでもお気軽にお問い合わせください

042-676-8050

Copyright(c)GYOKUSENJI.All Rights Reserved.