• 本間 啓庸

お盆

お盆は先祖の御霊が各家に帰る尊いひと時です

盂蘭盆会(うらぼんえ)と呼ばれています

最も身近な御仏をご自宅へお迎えしましょう

そして、お盆が終わるころ

再び大きな世界へお見送りします

私たちを抱く大きな世界へと畏敬と感謝の念を添えながら…

お盆をより一層、精進の機会とするために

希望者には棚経に伺います

玉泉寺へご相談ください


「萬霊供養盂蘭盆和讃」

夕べ涼しき迎え火の  火影(ほかげ)に法(のり)の道慕い

親族(うから)の御霊(みたま)帰ります  迎えていざや供養せん

思えば我らは久遠(くおん)より  七世の父母や六親と

恩愛(おんあい)契り浅からぬ  縁(えにし)をつなぐ身なりけり

さらに思えば衆生(もろびと)は  互に頼り頼られつ

一樹の蔭のやどりにも  多生(たしょう)の縁(えにし)のありとこそ

自他平等のみ教えに  有縁無縁(うえんむえん)の隔てなく

万(よろず)の霊(みたま)おしなべて  祖先(みおや)と仰ぎまつらなん

衆生(もろびと)の 深き縁(えにし)ぞ 偲(しの)ばるる 御霊(みたま)祭の 灯火(ともしび)の影

https://www.gyokusenji-hachioji.com/blank-28


0回の閲覧

Copyright(c)GYOKUSENJI.All Rights Reserved.